日本人唯一のSEOワールドカップ参戦者が絶賛したSEOフルチューニングテンプレート

増田氏プロフィール画像■日本人唯一のSEOワールドカップ参戦者:増田 聡氏
■サイト:WordPressで構築する最強SEOビジネスプラットフォーム
このWordPressテンプレートはSEOフルチューニングされています。
日本人唯一のSEOワールドカップ参戦者の私から見ても完璧です。

Another HTML-lint gateway100点
構文チェックでパーフェクトクリアーのテンプレートです。

EFFICIENTアフィリエイトのオリジナルテンプレートはW3Cより厳格な
「Another HTML-lint gateway」で満点クリアーのテンプレートです。

 

最終的に辿り着いたのがワードプレスでした。

WordPressはSEOのメカニズムの80-90%を考慮した設計であり、
Googleでよい結果を残したいなら、WordPressは賢い選択。

グーグルのウェブスパムチーム・トップのマットカッツ氏が
WordCamp San Francisco 2009での講演の中で語られた言葉です。

■WordPressがSEOに強いことやグーグルが推奨している事実。

上記の表現からもWordPressはSEOに強いと言う事や
「Googleでよい結果を残したいなら、WordPressは賢い選択。」と言う言葉から
グーグルはWordPressを推奨していると言う表現としても取ってみれます。

またワードプレスが世界標準のブログツールと言われる理由は
世界でも最も利用されているブログツールであると言う事。

また、日本人唯一のSEOワールドカップ参戦者増田 聡氏によれば
SEOワールドカップ参戦者の実に9割がWordPressを使っていると言う事実。

しかし、なぜWordPressが選ばれるのか?

その理由はただ単にSEOに強いと言われている事や、
グーグルからの高評価だけが原因ではありません。
WordPressが選ばれる最大の理由はその利便性とカスタマイズの自由度にあります。

ソース構造について

検索エンジンのクローラーはソースの上から順に見ていきます。
当然ソースの後半部分に関連するコンテンツが出てくるウェブサイトよりも
ソースの頭に関連するコンテンツがあるウェブサイトを優先して表示させようとします。
よって重要な部分をソースのはじめに書くことでより大きなSEOの効果を得られます。

しかしネット上に存在する多くのウェブサイトの場合、
構造上グローバルメニューやサイドバー(サイドメニュー)が
メインコンテンツ(最も重要なコンテンツ)よりも先に来てしまうものがほとんどです。

サイトの構造

検索エンジンはサイトのソースの上部に出てくるキーワードやコンテンツほど
そのページの重要な要素として認識します。

しかし上記のソース構造ではグローバルメニューやサイドメニューが先に出現してしまい
最も重要なコンテンツが下の方になってしまいます。

EFFICIENTアフィリエイトのオリジナルテンプレートは
メインコンテンツ(最も重要なコンテンツ)が
どんなデザインでもソースの頭に来るように設計されています。

EFFICIENTテンプレートの構造

この様に最も重要なコンテンツをソースのトップ(H1タグの次)に持ってくる事で
記事本文自体がそのページの重要な要素と認識され
記事本文に関連するキーワードでの評価を高める事が出来ます。

キーワード強調

タイトルタグ(H1)に狙ったキーワードを出来るだけ
先頭に入れると言うのはごく一般的に知られているSEO対策です。
また、関連性を評価される大きな要素であることは間違いありません。

しかし、通常の場合タイトルタグ(H1)には
「サイトタイトル:個別記事タイトル」となるものがほとんどで、
個別記事ではその記事に関連するキーワードでヒットさせる必要があるものの
タイトルタグの先頭ににいつも同じサイトタイトルがくっついてきてしまいます。

これはやはりキーワード自体も薄まりますし
記事本文とサイトタイトルの関連性が薄い場合はあまり良いものではなりません。

せめて個別記事のタイトルが先頭に来るように
「個別記事タイトル:サイトタイトル」であるべきです。

またサイトタイトルを含める事でキーワードが薄まってしまうと考える方もいます。
この部分はサイトタイトルの長さや含まれるキーワードの数
または、その人によっての考え方で異なります。

そこでEFFICIENTテンプレートでは
幾つかの設定パターンのサンプルタグを準備し
お好みの設定が簡単に出来るようにしています。
*デフォルトでは「個別記事タイトル:サイトタイトル」で設定しています。

上記の様にそれぞれの状況に合わせた設定を頂く事で
結果的にタイトルタグのキーワードを薄める事なく
個別記事でもしっかりと狙ったキーワードを強調させる仕組みになっています。

メタキーワードとディスクリプション

このメタ・キーワードとメタ・ディスクリプションについて
今現在検索エンジンは重要視しておらず、あまり意識されなくなってきています。

しかし、この先どのように変化しまた評価の一つとして
組み込まれる可能性がまったくないわけではありません。

今現在特別な意識をする必要はないという事で
言葉を変えればきちんと記入しておいても問題はないという事です。

逆に適当に設定してしまいどのページも同じメタ・キーワードと
メタ・ディスクリプションになってしまうのはやはり良い事だとは言えません。
(無料ブログなどは同じメタ・キーワード、メタ・ディスクリプションになってしまう事がほとんど・・・)
また将来評価の一つとして再度組み込まれた時に修正が大変です。

自動挿入について

しかし今現在検索エンジンが重要視していないメタ・キーワードと
メタ・ディスクリプションにあえて気を使い設定すると言うのは
本音の部分で正直大変です。

そこで本教材のテンプレートでは最低限重複しない
それぞれのページに最適化されたメタ・キーワードとメタ・ディスクリプションが
自動で挿入されるようにカスタマイズされています。

よってメタ・キーワードとメタ・ディスクリプションの設定は必要はなく、
また将来メタ・キーワードとメタ・ディスクリプションが再度評価の対象となった場合でも
それぞれのページに合わせたメタ・キーワードとメタ・ディスクリプションの設定が
自動で行われているので慌てる必要もありません!

ただし、自動設定ではなく個別で一つ一つ設定したいと考える方もいます。
そこで本教材のテンプレートでは個別でも設定出来る仕組みを準備し
個別で設定されたものに対しては設定された内容が優先的にメタ・ディスクリプションに挿入され
個別での設定がない場合は自動での挿入が適用される二重構造の仕組みになっています。

2105238

WordPressテンプレートのデフォルトのテンプレートや
無料で配布されているテンプレートの多くは
サイドメニュータイトルまでH2タグやH3タグが使用されていたりします。

特別大きな問題点ではありませんが
1ページ内に強調タグが多く存在しすぎる事で
本来強調させたいメインコンテンツ内の強調タグが薄まってしまいます。

本教材のテンプレートでは本来強調させたい部分が
より強調される様に不必要な強調タグは徹底的に排除した作りになっています。

その結果検索エンジンにそのサイト(ページ)は何について書かれたサイトなのか、
また強調したいキーワードをわかりやすく明確に伝える事ことが出来ます。

この強調したいキーワードをわかりやすく明確に伝える事が出来るサイト構造こそ
EFFICIENTアフィリエイトのテンプレートになります。

特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー
■お問い合わせ連絡先:rukoyu@gmail.com | Copyright © 2010 EFFICIENTアフィリエイト All Rights Reserved.